『健康維持は自分次第』シェフ佐藤のモノローグ(100) 「身体は常にメッセージを送っている。」

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 10:00

 

 

年々、生活習慣病や難病、アトピー、花粉症、先天性異常、ダウン症、精神疾患など何らかの問題を抱える人が増えているのは、国の食品添加物に対しての規制が緩いことや消費者がその危険性に気付かず摂取してしまうからだ。自然ではない食品添加物を日常的に摂取している国では、病人が病人を生む、障害者が障害者を生むという悪循環がすでに始まっている。

 

 

 

 

ここ数年は、食品や日用品、光熱費の値上げが続き、食費を切り詰める人が増える傾向にある。やりくりする上で危険なのは、安全を無視した安価な食品、食材、調味料、加工食品や飲料に飛びつくということ。こういった食品・食材の摂取で体調不良を起こしてしまうと、医療費に予想外の出費をかけることになる。

 

 

 

「何を食べようが今の自分は健康だから問題ない。」「自分はそう長く生きることはないから、好きなものだけを食べて飲んで死にたい。」そう思っている人は、今後自分を介護することになるかもしれない家族や身近な人のことをまったく考えたことがない人だと思う。65才以上の4人に1人が認知症の現代、10代で発症する人もいることから、患者数は今後も爆発的に増えていくことだろう。

 

 

 

病気を患うのは、運が悪かったからではなく、必ず原因がある。私は「加工食品を絶対食べるな!」とは言わないが、子供たちが健康に暮らせる未来を作る責任や義務が今の私たちにあると考え、ブログを発信している。健康を維持できるか病気になるかは自分の食生活次第。今後の食生活があなたの人生を変えるかもしれない。

 

 

 

あらゆる病の原因は誤った食生活から。慢性的な体調不良に陥った時は、私のブログを思い出してほしい。身体は常にメッセージを送っている。

  • 0
    • -
    • -
    • -